【温活】冷え性で眠れない時は足首だけを温める

こんにちは。
練馬のヘッドマッサージ専門店 頭ほぐしサロンゆめゆらです。

日に日に寒くなり、どんどん冬本番となってきました。
昨日はダウンを出して、今日はマフラーをぐるぐる巻きで出勤です。

女性は冷え性の方が多く、特に冬は手足が氷のように冷たくなり、布団に入ってもなかなか寝付けない方はいませんか?

冷え性は足首を温める

体温と睡眠は深い関係があり、日中は活動しているので体温が高く保たれていますが、睡眠時は深部体温(体の内部の温度)を下げることで、脳と体をしっかり休息させる仕組みがあります。
皮膚表面から熱を逃がして深部体温が下がり、それに伴って体は休息状態になり眠気が起きるのです。

末端の血行障害があると血管が広がりづらくなり、深部体温が下がらないため「眠気が起きない=寝つきが悪くなる」のです。

足を温めるために靴下を履いて寝る方も多いと思いますが、これはおすすめできません。
熱を逃がすのに重要な働きをしているのは手足、特に甲の部分です。

靴下で足の甲を覆ってしまうと、足からの放熱が妨げられ深部体温が下がりにくくなります。

良質な睡眠がとれないと、自律神経の働きが乱れて血行が悪くなり、ますます体が冷えるという悪循環に・・・

そこで、冷え性で眠れない人は、レッグウォーマーで足首だけを温めてください。
筋肉が少なく、温度変化に敏感な足首を温めることで、全身の血流がアップし、放熱しやすくなり、眠気がやってきます。
ただし、締め付けの強いタイプは睡眠を妨げる場合がありますので、ご注意ください。
シルクや遠赤外線生地など色々なレッグウォーマーがありますので、着け心地の良い素材を選んでくださいね。