省エネでもぐっすり眠れる夏に

こんにちは。
練馬のヘッドマッサージ専門店 頭ほぐしサロンゆめゆらです。

梅雨とは言え、こう毎日雨ばかりでは身体も気分も晴れませんね。
熱帯夜でもないのに、なかなかぐっすり眠れません。
高温多湿の日本の夏を上手に環境を調節してぐっすり眠りたいですよね。

良い睡眠をとるためには、寝る前に体温をスムーズに低下させるのが大事ですが
エアコンは体に悪そうだし、電気代がかかるからとエアコンの使用を控えてる方も少なくありません。高齢者の場合は睡眠中に熱中症になる危険が高くなります。

室内に温度計をおいて室温を見える化

高齢者の中には感覚が鈍くなって、暑さを感じづらい方がいらっしゃいます。
そのため室温が29℃を超えても暑さを感じず、エアコンをつけなくても大丈夫だと思っていても知らないうちに汗をかくので熱中症の危険があります。
暑さを感じなくても室温が28°Cを超えたら、エアコンを稼働させる。

扇風機の風は壁にあてる

扇風機の風は壁に当てるなどして直接、体にあたらないようにして冷えすぎないよう工夫する。冷却素材や氷枕を使用することで、体温低下を促すので暑さを軽減させる有効な手段と言えます。

冷却素材を使う際に注意

冷却素材を使う際は、冷たすぎると身体が冷えて不調につながるため、タオルを巻くなど工夫が必要です。冷却素材によっては使っているうちに、体温や室温で熱をもってしまうものもあり、寝つく時は涼しいのですが、だんだんと暑くなって眠りを妨げることになります。
すぐに外せるように部分的に使えるものがお勧めです。