睡眠不足に要注意!ダイエットの大敵

こんにちは。
練馬のヘッドマッサージ専門店 頭ほぐしサロンゆめゆらです。

実は、ダイエットと睡眠は大きく関わりがあります。

コロンビア大学が約2万人を調査した結果、4時間以下の睡眠しか取らない人は、7時間以上の十分な睡眠を取っている人に比べ、73%も肥満になりやすいという報告がなされました。

なぜ睡眠時間が短いと太りやすくなるのでしょうか?

睡眠不足はダイエットの大敵

【睡眠と食欲の関係】

人はお腹がいっぱいになったと感じた時に食べる事を止めますが、この満腹感を感じるには、脂肪組織から作られるレプチンというホルモンが脳の満腹中枢を刺激する必要があります。
また、グレリンという胃から作られるホルモンは食欲を増進させる働きをすることが分かっています。

複数の研究機関で行われた実験により、この食欲にかかわる2つのホルモンは睡眠と密接なかかわりがある事が分かってきました。

睡眠不足になると、食欲をおさえるレプチンは減少し、逆に食欲を増すグレリンが増えるのです。
さらに、グレリンが増加すると、お菓子や揚げ物など高カロリーの食事を好む傾向が現れます。
つまり、睡眠不足により食事の量が増え、しかも太りやすい食事を好むということになるのです。

睡眠と食欲の関連性をうまく活用すればダイエットも成功しやすくなります。

当店のヘッドマッサージは、上級睡眠健康指導士が自律神経のツボが多く集まる頭部から首、肩まわりを心地よいリズムでほぐし、眼精疲労やストレスを軽減、自律神経を整えて睡眠を整えていきます。
ぜひお試しください!