不眠の4つのタイプ

こんにちは。
練馬のヘッドマッサージ専門店 頭ほぐしサロンゆめゆらです。

みなさんは毎晩ぐっすり眠れていますか?

「不眠」というワードは、とても仰々しく、全く眠ることができない人というイメージを持たれるかもしれません。
実際、お客様に睡眠についてお聞きすると、色々な悩みが出てきますが、それが「不眠」とは思われていません。
それって不眠症に入りますよとお伝えすると、ビックリされます(^_^;)


不眠には4つのタイプがあります。
①夜、寝つきが悪い(入眠困難)
・床に入って寝つくまでに、30分~1時間以上かかる
・精神的な問題、不安や緊張が強いときなどにおこりやすい

②夜中によく目が覚める(途中覚醒)
・睡眠中に何度も目が覚めたり、一度起きたあとなかなか寝つけなくなる
・日本の成人の不眠の訴えの中で最も多く、中高年でより頻度が高い

③朝、なかなか起きられない(起床困難)または、早く目が覚めてしまう(早朝覚醒)
・朝、予定時間より2時間以上前に目が覚めてしまい、その後眠れなくなってしまう
・高齢者に多い

④寝ているのに眠った気がしない(熟眠困難)
・睡眠時間を十分にとったのに、熟眠感が得られない
・ほかのタイプの不眠症を伴っている場合も多い

不眠は、眠れない苦痛だけではなく、日中の眠気や、だるさ、集中困難などさまざまな影響を及ぼします。

不眠の症状は1つだけのこともあれば、複数の症状を伴っている場合も多くあります。
タイプにより対処法や治療方法が異なりますので、まずは、あなたの不眠の症状がどのタイプなのか知っておきましょう。