連休中も平日と同じ時刻に起きて五月病予防

こんにちは。
練馬のヘッドマッサージ専門店 頭ほぐしサロンゆめゆらです。

いよいよGWスタートですね(^^)
早速みんな遠出しているのか、初日なので自宅でのんびりしているのか、練馬駅前はひっそりしています笑

朝日

せっかくの休日、普段の睡眠不足を解消しようと、遅くまで寝ている人もいるのでは?
ただ、寝溜めをしても平日の睡眠不足が解消されるわけではありません。
逆に、生活リズムが崩れてしまい、体の疲れが抜けなかったりだるさが残ってしまい逆効果となることもあるので要注意です。

今年のGWは最大10連休となり、例年以上に生活リズムが乱れがちです。
連休明けに起こりやすい「五月病」を予防するためにも、睡眠習慣を整えましょう。

私たちの体内時計の周期はもともと24時間よりも少し長いため、朝起きて日の光を浴びることで、体内時計が朝だと認識しリセットされます。
また、日の光を浴びてから15時間前後で眠くなるように体内時計がセットされています。
休日起きる時刻が遅くなると、その分夜眠くなる時刻も遅くなります。
そのため、月曜日や連休明けの朝は睡眠不足となり、調子が悪くなるのです。

そこで、休日も平日とほぼ同時刻に起きたり、休日にこそ早起きして活動すると、その晩は早く眠くなり、睡眠時闘が十分取れ、休み明けの朝をすっきりと迎えられ、気持ちも新たに仕事や勉強に集中できます。

ただ、普段忙しく、睡眠不足解消のために休日寝溜めしたいのに。。。という方も多いと思います。
その場合は、休日は普段通りに起きて、15分ほどの昼寝をおすすめします。
あまり長く寝てしまうと、その夜の睡眠の質が落ちますのでご注意ください。

 

【GW限定キャンペーン実施中!】

〈特典①〉
連休だからこそ、のんびりとお過ごしください
全メニュー5分無料延長(通常540円)
または、
〈特典②〉
がんばった自分へのごほうびに!
おまかせ120分 10%OFF 13,500円→12,150円
※2019年4月27日~5月6日まで有効
※他キャンペーン併用不可