朝からダルい、眠りが浅い、イライラする・・・その不調は食べ物が影響かも

こんにちは。
練馬のヘッドマッサージ専門店 頭ほぐしサロンゆめゆらです。

最近、朝起きてすでに疲れている、なんとなくダルい、やる気が出ない、休みの日は一日中寝ている。。。そんな人はいませんか?

体の不調は食べ物が影響している

仕事や家庭の忙しさによる身体的な疲れや、ストレスなどが理由かもしれませんが、さらに、あなたの毎日の食事が影響しているとしたら?

これらの不調を改善するために、マッサージ や病院に行ったり、カウンセリングを受ける案もありますが、日々忙しい方は、自分のために時間を割くのも難しいかもしれません。
でも、この不調をどうにかしたいと思ったら、まずは「食事」を変えてみませんか?

「口から摂るものだけが人の体を作る」と言われるように、あなたの身体はあなたが食べたものでできています。
今、何か身体の調子が悪いと思うことがあれば、半年前の食事が原因かもしれません。
人の細胞の代謝サイクルは皮膚、血液、内臓、骨など全て入れ替わるには約半年かかると言われています。

体を支える土台である「食事」がしっかりしていれば、必要な栄養を吸収し、細胞に届き元気になり、また、ホルモンも正常に分泌されることでよく眠れるようになったり、ストレスにも対処することができます。

今は自分で料理をしなくても、外食や中食でスーパーやコンビニで調理したものがすぐ手に入るので、忙しい人たちにとってはとてもありがたいものです。
でも、もし毎日コンビニの食事だとしたら、身体に食べ物からの栄養だけではなく、別の添加物も蓄積されていきます。
また、現代人は、女性に多い糖質の摂り過ぎ(糖質過多)や、鉄分不足など栄養過多や栄養不足といわれています。

毎日ダルい、イライラする、そんな自分が嫌になっている方、半年後の自分がハッピーな生活が送れるよう、まずは自分が食べているものを見直してみましょう。