睡眠と湿度の関係

こんにちは。
練馬のヘッドマッサージ専門店 頭ほぐしサロンゆめゆらです。

人間の体温というのは一定ではなくて、24時間周期で上下します。
早朝3時~5時頃が一番低く、午後7時頃~9時頃に一番高くなります。

体温が高ければ覚醒度も高くなります。

体温は最高値に達した後に低下し始めて、数時間経つと私たちが普段就寝している時刻になってきます。

眠る時に体温は下がって行きますが、寝ついてから30分くらい経って、
睡眠が深くなったときに出てくる汗が蒸発することによっても、体温は下がっていきます。

しかし、ムシムシした暑い夜は湿度が高く汗がなかなか蒸発しません。

寝苦しく、寝つきが悪くなるだけでなく、睡眠が深くなっても汗が蒸発しないので体温が低下しにくく、途中で目が覚めやすくなります。

寝る時に除湿をしておけば、汗が蒸発しやすいので体温が低下しやすく、快眠につながります。

寝室の湿度は50%~60%がベストです。

除湿が十分にできていると、エアコンの効きが違います。

エアコンとリモンコン