冬の睡眠対策②/寝室を暖めて寝心地アップ

こんにちは。
練馬のヘッドマッサージ専門店 頭ほぐしサロンゆめゆらです。

先日のブログ、冬の睡眠対策①/電気毛布のつけっぱなしはNG の続きです。

冬は暖房器具をうまく活用し、寝室の温度を16〜19℃にすると寝心地が最も良いことが報告されています。(湿度は50〜60%程度がおすすめ)
寒いと交感神経系の活動が高まり眠れなくなります。
室温が10℃以下になると睡眠が妨害されるので、注意が必要です。

若年者と高齢者で寒さ対策を比べると、若年者はエアコン等で寝室全体を暖める傾向がありますが、高齢者は寝室を暖めるより、掛け布団や下着の数を増やす傾向があります。
室内が冷えると布団の中と部屋の温度差が大きく、高齢者は何度も夜間にトイレに行くため、血圧が急上昇し、心臓に負担がかかる寒冷負荷が大きくなってしまいます。
また、手足が冷えると再入眠に時間がかかります。
睡眠にお悩みの方は、まずは部屋を暖めてみてください。

また、寒いと掛け布団の数を増やす方も多いと思いますが、あまり掛け布団が重くなると寝返りが妨げられ、睡眠に影響を及ぼしますので、掛け布団カバーを暖かい保温素材のものを選んだり、なるべく軽くて暖かいものにしてください。
さらに、敷き寝具にも一工夫。
ボア素材のシーツやシーツの上に毛布を敷くと布団の暖かさが変わります。

色々と工夫をすることで、冬でも快適な睡眠環境を整えられます。
しっかり睡眠を取って寒い時期を乗り越えましょう!