まずはやれることから。「ふるさと納税」でできるコロナ支援

こんにちは。
練馬のヘッドマッサージ専門店 頭ほぐしサロンゆめゆらです。

東京都も緊急事態宣言が明日にも解除とのこと、少しづつ「日常」に向けて社会が動き出しています。
当店も、再開後に安心してお客様にご来店いただけるよう感染防止対策に努めてまいりますので、営業再開まで今しばらくお待ちくださいませ。

今、新型コロナウイルスにより、経済が大変な状況になっており、私たちスタッフも国や東京都からの支援を受けております。
マスコミなどでは行政の対応の遅さなどが糾弾されていますが、正直、思ったより国には困っている人に対しての支援策があるんだなと思いました。

まずはステイホームで外出自粛することが、自分にできるコロナ支援と思いますが、ネットやTVなどで医療関係者向けにマスクを作ったり、ボランティアをしている方々の報道を見ると、家にいるだけの自分が不甲斐なく思えたり。。。
今回、支援を受けて少しでも恩返しをしようと思い、「ふるさと納税」で練馬区にコロナ対策支援の寄付を行いました。

ふるさとチョイスで応援。新型コロナウィルス被害に関する支援

練馬区の「新型コロナウイルス感染症対策への支援」

ふるさと納税は、地元だけではなく、自分が応援したい任意の自治体に寄付できる制度です。 
ふるさと納税で寄付をすると、住民税や所得税が一定額控除されるため、実質の自己負担額が抑えられます。
また、お米や海産物、高級肉などの特産品がお礼の品としてもらえるコースはとても人気があるので、いろいろ申し込んでいる方もいるのでは?

また、ふるさと納税サイトによっては災害支援など様々な支援の寄付をすることできます。
日本赤十字社などで使用される募金は、義援金は被災者への見舞金として、支援金は被災地で復旧活動や支援活動にあたる機関や団体などに送られるため、実際にお金が届くまでに時間がかかったり、使途が被災地のニーズとは違う部分にお金が使用されてしまうこともあります。

一方、ふるさと納税による寄付金は自治体へダイレクトに送られるので、自治体独自の判断に基づき、復興のために寄付金を使うことができます。
また、自治体によっては、申込時に寄付金の使いみちを選択することもできます。

今回私が利用したふるさとチョイスの新型コロナウイルス支援の特別サイトによると、新型コロナウイルス対策関連の寄附金使い道が選択できる自治体を選択するだけでなく、給食関連、観光関連、外食産業関連事業者などを選択して支援することもできます。

ふるさと納税はクレジットカードで寄付ができる自治体も多く、手間もかからず気軽に支援することができます。
なお、練馬区のように返礼品がない自治体もありますが、寄付なので私はなるべく自治体の手間にならないようにとそこは気にしていませんが、魅力的な返礼品も多いので、一度サイトを見てみてください。

もし、自分にも何かできる支援があればと思っている方、「ふるさと納税」でコロナ支援はいかがですか?