マスクはコロナウイルス対策に良いの?

こんにちは。
練馬のヘッドマッサージ専門店 頭ほぐしサロンゆめゆらです。

すっかり忘れていた「アベノマスク」も届きましたね。
私も休業中のため、毎朝、海外のニュースを見ていますが、感染者と死亡者数の多い国(アメリカ、イギリス、フランス)などでは外出時のマスク着用が自治体によって義務づけられているようです。

日本人にとってはインフルエンザや花粉症対策でマスク着用は苦になりませんが、欧米ではマスクをつける習慣がなく、マスク着用に強い抵抗があるなかで、ニュースでみる限り街を歩く人がほぼマスクを着用している姿にかなりの驚きです。

シンガポール、フランスなどは日本と同じように政府からマスクが支給されています。個人的にはフランスのマスクはちょっとダサいし、シンガポールのマスクは黒ですが男性には小さいような。。。

日本のアベノマスクは届くまで期待していませんでしたが、届いてから実物を触ってみるとしっかりした生地で何枚もかさねてあって、思ったよりもちゃんとしている印象です。

ただサイズが小さいので、あとひとまわり大きく作って頂ければもっと使い勝手があって有効だったのでは?と感じています。

そこで気になっている布マスクと不織布のマスクの特徴を調べてみました。

<布マスク>
生地を何枚も重ねてあるので、飛沫を飛ばすことを防ぎ、他の人から飛沫を防げます。

<不織布マスク>
布マスクと同じように飛沫を防ぐ効果があることに加え、帯電しており静電気で多少のウイルスをキャッチできるとされています。

今朝のニュースではアメリカのCDC(疾病予防管理センター)によるとコロナウイルスの感染はいわゆる接触感染(物の表面についたウイルス)によるものより、飛沫感染のほうが多いのではないかとの見解でした。

これが事実であればやはりマスク着用は一定の効果があると考えても良いのかもしれません。
マスクを拒否してきた欧米は犠牲者が多く、一方でマスク着用に抵抗感がなく、いち早くマスクを着用した東アジアは犠牲者が少ないという数字がある意味で証明しているのかもしれませんね。