寒い時期の寝具の選び方

こんにちは。

練馬のヘッドマッサージ専門店 頭ほぐしサロンゆめゆらです。

冬は寒いからと掛け布団を増やすより、部屋を暖めたほうがぐっすり眠れます。

冬は寝室の温度を16~19℃にして、湿度を50~60%が最適です。

掛け布団を増やすと、就寝中の寝返りが妨げられるので、掛け布団はできるだけ軽くて暖かいものを選びましょうね。

さらに、敷き寝具から熱が逃げたり、冷気が伝わりこともあるので、シーツの上に毛布を敷いたり、ボア素材のような保温効果のあるシーツを使用するなど工夫をしましょう。

布団も体も寝る前に暖めておくのも大事です。

寒いからと言って、電気毛布や湯たんぽを一晩中入れている方がいますが、これは良質の睡眠には逆効果です。

睡眠中は体温が下がるのですが、布団の中が暑くては睡眠を妨害してしまいます。

電気毛布のスイッチは寝ると同時にオフにしましょう。

睡眠のための寒い時期の寝具の選び方