あなたの不眠はどのタイプ?

こんにちは。
練馬のヘッドマッサージ専門店 頭ほぐしサロンゆめゆらです。

一言で「眠れない」といっても、それぞれ人によって症状が様々です。不眠のタイプには持続時間による分け方(一過性・短期・長期)と、症状による分け方があります。

主な不眠のタイプは4つに分類されます。

①入眠障害
厳密な定義はありませんが、一般的に寝つくまでに30分以上かかり、本人が苦痛に感じている場合は入眠障害とみなされます。
ただし、個人差・年齢差が大きいので、寝つくまでの時間だけでは判断できません。

②中途覚醒
いったん入眠後した後、夜中に何度か目が覚めることで、年齢を重ねると回数が増えます。一度、目が覚めるともう眠れない、目が覚める回数が多い、日中に強い眠気に襲われる場合は睡眠障害とみなされます。

③早朝覚醒
起きたい時間や通常の起床時間の1時間〜2時間前に目が覚めてしまう。一旦、起きると、もう眠れない。これは加齢にともなって睡眠覚醒リズムが前倒しになるので早く目が覚めるようになります。

④熟眠障害
睡眠時間は十分に取れていても、「深く眠った気がしない」など眠りに満足していない状態をいいます。睡眠ポリグラムの検査で睡眠障害が認められものの、本人は「全く眠れなかった」と訴える場合があります。

あなたの不眠のタイプはどれですか?

当店は一般社団法人日本睡眠教育機構から上級睡眠結構指導士の認定を受けたセラピストがあなたの眠りの悩みを伺って、適切なアドバイスを致します。

目覚ましと女性