いびきについて③:睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは

こんにちは。
練馬のヘッドマッサージ専門店 頭ほぐしサロンゆめゆらです。

先日のブログ、いびきについて②の続きです。

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome/SAS(サス))は、睡眠中に無呼吸状態が繰り返される病気です。
医学的には、10秒以上呼吸が止まった場合を無呼吸とし、無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、または1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸と判断されます。

睡眠中に呼吸停止が繰り返されると、身体の中の酸素が減ってしまいます。
すると、その酸素不足を補うために身体は心拍数を上げるので、脳や身体に大きな負担がかかります。
睡眠中に起こる症状のため、なかなか本人は気づきにくく、日本の潜在患者数は300万人以上いると推計されています。

【睡眠時無呼吸症候群の代表的な症状】
自覚症状は個人差があるので、可能であればご家族やパートナーに聞いてみて下さい。
いつものことと軽く思わず、まずは睡眠中の無呼吸を指摘されたことのある方は一度チェックして下さいね。

〈睡眠中〉
* いびきをかく
* いびきが止まり、大きな呼吸とともに再びいびきをかきはじめる
* 呼吸が止まる
* 呼吸が乱れる、息苦しさを感じる
* むせる
* 何度も目が覚める
* 寝汗をかく

〈起床時〉
* 口が渇いている
* 頭が痛い、ズキズキする
* 熟睡感がない
* すっきり起きられない
* 身体が重いと感じる

〈日中〉
* 強い眠気がある
* だるさ、倦怠感がある
* 集中力が続かない
* いつも疲労感がある