夏の頭痛と水分補給②

こんにちは。練馬のヘッドマッサージ専門店頭ほぐしサロンゆめゆらです。

熱中症予防には水分補給が欠かせませんが、スポーツドリンクは糖分が気になるので、お水を補給される方も多いと思います。しかし、お水を過剰に取ると、ごく稀にですが水中毒になる危険性もあるのでご注意ください。

夏は大量の汗をかくことで、同時に塩分も排出されます。

水を過剰に摂取したことで血液中のナトリウム濃度(塩分濃度)が低くなり、「低ナトリウム血症」という状態になることがあります。

そうなると、めまいや頭痛などの症状になって、悪化すると吐き気や嘔吐、意識障害、呼吸困難などの症状が現れ、死に至る場合もあります。

汗をかいたら、水分と塩分の両方を補給してくださいね。

スポーツドリンクが手元にない場合には、梅干しを食べて、お水を飲むなどが効果的です。

加えて梅干しのクエン酸は疲労回復にも効果あり、殺菌効果もあるので、おにぎりに入れたり、お弁当に入れると夏に心配な食中毒の予防にも役立ちます。

梅干し